フコイダンを選択する決め手は「超低分子加工」

 フコイダンを選択する決め手!それはまさしく「超低分子加工」です!

次にフコイダン製品を選択いただく決め手についてご説明いたします。最近、フコイダンも徐々にではありますが脚光を浴びて各種商品化が進んでおり、ドラッグストアなどでフコイダンの商品名の入った製品を見たことのある方も多いのではないでしょうか。それでは、フコイダンが含まれているものであれば何でも良いのでしょうか?からだにより高い効果を期待するのであれば、答えは“NO”です。
それではどのようなフコイダン製品が望ましいのでしょうか。また聞き慣れない言葉ですが、それはズバリ
超低分子加工で製造された商品なのです。

 決め手はズバリ! 「超低分子加工」!

「超低分子加工」で製造されたフコイダン製品の決定的な違いは、その体内での吸収率の違いということになります。いくらからだに良いとされる「フコイダン」を大量に摂取しても、からだが吸収してくれないのであれば、それは何の役にも立たないことになるのは言うまでもありません。

例えば、誰もが認めるすばらしい成分の健康食品があったとします。しかしその「分子量」が大きいために、全体の5%しか吸収できないとすると、それは1000円の健康食品が50円分の価値しかないということを意味します。逆に、考え方を変えますと、この商品の半分、すなわち500円の健康食品であっても、100%すべてをからだが吸収できるとするのであれば、それは10倍の効果が期待できるということになります。

パワーフコイダンが選ばれるもうひとつの理由。それはからだへの吸収率が格段に高い超低分子加工で製造されたフコイダンであることを多くのお客様にご理解いただいているからに他なりません。

■ 吸収率の違いが効果の違い!

人間が食べ物を噛んで胃に到達してから、十ニ指腸に達する時の大きさは約3000〜4000分子であると言われます。しかしこれでは分子量が大きすぎるために、栄養素の約5%程度が腸で吸収されるのみとなり、残りは排出されていることをご存知でしょうか。

パワーフコイダンは、からだの細胞が吸収することのできる大きさよりさらに10分の1の大きさ、つまり約500分子量以下にする事によって、からだの弱っている方、胃腸など内臓の弱っている方、老人の方でも、100%近いその栄養素を吸収する事が可能となり、
超低分子化することにより、フコイダンをからだ全体にまで到達させることができるということになります。

■ 低分子とは

人間の体にはもずくやワカメなど海藻類を分解する機能が備わっていないことをご存知だったでしょうか?そこでこれらもずくなどの海藻類からフコイダンの成分を抽出する場合に貝類などの持つ消化酵素を利用することにより、フコイダンを抽出することになります。しかし抽出されたフコイダンはこのままでは高分子のままで、左記のように人間のからだにその栄養素を吸収するためには3000〜4000分子と分子量が大きすぎるということになります。これを特殊な方法を用いて分子量を500以下にしたものを低分子とされます。このような製造過程を経て吸収率の格段に違うフコイダン製品が誕生します。

Copyright (c) 2004-2009  パワーフコイダンの株式会社エルマート all rights reserved.